イベントビューアログ満杯 (No.736)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Neko2010/02/09 15:56:00 
WinQuotaAS 3.00をWin2000サーバで使用しています。
イベントビューアを確認したら、アプリケーションログが、頻繁に発生しいて、
イベントビューアのデフォルトのログ容量では、パンク状態となっていました。
イベントの説明では、

「イベント ID (0) (ソース WinQuotaASService 内) に関する説明が見つかりませんでした。リモート コンピ
ュータからメッセージを表示するために必要なレジストリ情報またはメッセージ DLL ファイルがローカル コン
ピュータにない可能性があります。次の情報はイベントの一部です:
User:SYSTEM アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 SetSecurityControl. 1788:プライマリドメインと信頼される側のトメインの信頼関係に失敗しました。」 のようなイベントが多数あります。 フォーラムを拝見すると、 Re:SMTPサーバ No.259等に 良く似たイベントビューアのメッセージが出るのを WinQuotaASのバージョンアップにより 解決した事例があります。 私の場合も、WinQuotaASのバージョンアップにより解決すれば良いと思うのですが、 解決するでしょうか。 また、バージョンアップで解決するとしたら、 既存の設定、ライセンス等を保持した状態で、 どのように、バージョンアップすれば良いか、 その手順を教えて下さい。
 コメントAccess:793
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.737)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Nakaji2010/02/10 0:03:00 
ご利用ありがとうございます。

>User:SYSTEM
>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。
>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2
>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2
>SetSecurityControl.
>1788:プライマリドメインと信頼される側のトメインの信頼関係に失敗しました。」

このエラーは「E:\3D_Data\W1\SS2」フォルダに対してアクセス権限を変更しようとして権限がないためエラー
となっています。
サービスプログラムは「system」アカウントで起動されていると思いますが、管理者権限に変更するか「E:\3D_
Data\W1\SS2」のアクセス権限に「system」アカウントでフルコントロールを付与すればエラー出力はなくなり
ます。
> >また、バージョンアップで解決するとしたら、 >既存の設定、ライセンス等を保持した状態で、 >どのように、バージョンアップすれば良いか、 >その手順を教えて下さい。 バージョンアップ手順ですが以下の手順で行ってください。 1.サービス停止後、念のためインストールフォルダ全体バックアップ 2.設定プログラム起動後、エクスポート機能で設定エクスポート保存 3.設定プログラム終了してアンインストール(インストールフォルダを削除) 4.最新のバージョンをインストール 5.設定プログラム起動後、保存したエクスポートデータをインポート 6.メールメッセージ、SMTPサーバについては適宜設定 7.設定プログラムを終了してサービス起動 以上で終了です。 メールメッセージ、SMTPサーバなどの設定値はエクスポートしないので別途設定してください。 ライセンスに関しては、そのままで大丈夫かと思いますが、もし評価版の設定になってしまった場合には再度レ
ジストリキーを取得すれば正規版へと変更できます。
よろしくお願いします。
 コメントAccess:891
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.740)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Neko2010/02/15 15:17:00 
フォルダ
E:\3D_Data\W1\SS2
にSYSTEMをフルコントロールとして権限付与しても同じメッセージがイベントビューアのアプリケーションログ
に出力されます。
他に、何か対処ありますか? >ご利用ありがとうございます。 > >>User:SYSTEM >>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 >>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>SetSecurityControl. >>1788:プライマリドメインと信頼される側のトメインの信頼関係に失敗しました。」 > >このエラーは「E:\3D_Data\W1\SS2」フォルダに対してアクセス権限を変更しようとして権限がないためエラー
となっています。
>サービスプログラムは「system」アカウントで起動されていると思いますが、管理者権限に変更するか「E:\3D
_Data\W1\SS2」のアクセス権限に「system」アカウントでフルコントロールを付与すればエラー出力はなくなり
ます。
> >> >>また、バージョンアップで解決するとしたら、 >>既存の設定、ライセンス等を保持した状態で、 >>どのように、バージョンアップすれば良いか、 >>その手順を教えて下さい。 > >バージョンアップ手順ですが以下の手順で行ってください。 >1.サービス停止後、念のためインストールフォルダ全体バックアップ >2.設定プログラム起動後、エクスポート機能で設定エクスポート保存 >3.設定プログラム終了してアンインストール(インストールフォルダを削除) >4.最新のバージョンをインストール >5.設定プログラム起動後、保存したエクスポートデータをインポート >6.メールメッセージ、SMTPサーバについては適宜設定 >7.設定プログラムを終了してサービス起動 >以上で終了です。 >メールメッセージ、SMTPサーバなどの設定値はエクスポートしないので別途設定してください。 >ライセンスに関しては、そのままで大丈夫かと思いますが、もし評価版の設定になってしまった場合には再度
レジストリキーを取得すれば正規版へと変更できます。
> >よろしくお願いします。
 コメントAccess:792
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.741)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Nakaji2010/02/15 15:31:00 
お世話になります。

>フォルダ
>E:\3D_Data\W1\SS2
>にSYSTEMをフルコントロールとして権限付与しても同じメッセージがイベントビューアのアプリケーションロ
グに出力されます。
>他に、何か対処ありますか? Systemアカウントにフルコントロールを与えたのであれば、アクセス権限設定でエラーとなることはありません
このサーバはワークグループサーバでしょうか? 対象のフォルダの権限がドメインコントローラの権限設定になっている場合、権限設定したSystemアカウントが
ローカルアカウントですとやはり権限がないとエラーになる可能性があります。
ちなみに、管理者権限でサービス起動した場合はどうなるかお試しいただけるでしょうか? サービス起動アカウントとして管理者権限で実行させることにセキュリティ的に特に問題がなければ管理者権限
で実行させるとよいと思います。
> >>ご利用ありがとうございます。 >> >>>User:SYSTEM >>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 >>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>SetSecurityControl. >>>1788:プライマリドメインと信頼される側のトメインの信頼関係に失敗しました。」 >> >>このエラーは「E:\3D_Data\W1\SS2」フォルダに対してアクセス権限を変更しようとして権限がないためエラ
ーとなっています。
>>サービスプログラムは「system」アカウントで起動されていると思いますが、管理者権限に変更するか「E:\3
D_Data\W1\SS2」のアクセス権限に「system」アカウントでフルコントロールを付与すればエラー出力はなくな
ります。
>> >>> >>>また、バージョンアップで解決するとしたら、 >>>既存の設定、ライセンス等を保持した状態で、 >>>どのように、バージョンアップすれば良いか、 >>>その手順を教えて下さい。 >> >>バージョンアップ手順ですが以下の手順で行ってください。 >>1.サービス停止後、念のためインストールフォルダ全体バックアップ >>2.設定プログラム起動後、エクスポート機能で設定エクスポート保存 >>3.設定プログラム終了してアンインストール(インストールフォルダを削除) >>4.最新のバージョンをインストール >>5.設定プログラム起動後、保存したエクスポートデータをインポート >>6.メールメッセージ、SMTPサーバについては適宜設定 >>7.設定プログラムを終了してサービス起動 >>以上で終了です。 >>メールメッセージ、SMTPサーバなどの設定値はエクスポートしないので別途設定してください。 >>ライセンスに関しては、そのままで大丈夫かと思いますが、もし評価版の設定になってしまった場合には再度
レジストリキーを取得すれば正規版へと変更できます。
>> >>よろしくお願いします。
 コメントAccess:635
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.742)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Neko2010/02/16 16:33:00 
ご回答ありがとうございます。しかし、うまく行きません。
本サーバは、ドメインに所属するサーバです。
今まで、WinQuotaASの起動は、ローカルの管理者権限でログオンして、起動していました。
試しに、ドメインの管理者権限でログオンして、
WinQuotaASを起動してみましたが、イベントビューアのアプリケーションログ
は、状況は変わりませんでした・・・。

>お世話になります。
>
>>フォルダ
>>E:\3D_Data\W1\SS2
>>にSYSTEMをフルコントロールとして権限付与しても同じメッセージがイベントビューアのアプリケーションロ
グに出力されます。
>>他に、何か対処ありますか? > >Systemアカウントにフルコントロールを与えたのであれば、アクセス権限設定でエラーとなることはありませ
ん。
>このサーバはワークグループサーバでしょうか? >対象のフォルダの権限がドメインコントローラの権限設定になっている場合、権限設定したSystemアカウント
がローカルアカウントですとやはり権限がないとエラーになる可能性があります。
>ちなみに、管理者権限でサービス起動した場合はどうなるかお試しいただけるでしょうか? >サービス起動アカウントとして管理者権限で実行させることにセキュリティ的に特に問題がなければ管理者権
限で実行させるとよいと思います。
> > >> >>>ご利用ありがとうございます。 >>> >>>>User:SYSTEM >>>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 >>>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>SetSecurityControl. >>>>1788:プライマリドメインと信頼される側のトメインの信頼関係に失敗しました。」 >>> >>>このエラーは「E:\3D_Data\W1\SS2」フォルダに対してアクセス権限を変更しようとして権限がないためエラ
ーとなっています。
>>>サービスプログラムは「system」アカウントで起動されていると思いますが、管理者権限に変更するか「E:\
3D_Data\W1\SS2」のアクセス権限に「system」アカウントでフルコントロールを付与すればエラー出力はなくな
ります。
>>> >>>> >>>>また、バージョンアップで解決するとしたら、 >>>>既存の設定、ライセンス等を保持した状態で、 >>>>どのように、バージョンアップすれば良いか、 >>>>その手順を教えて下さい。 >>> >>>バージョンアップ手順ですが以下の手順で行ってください。 >>>1.サービス停止後、念のためインストールフォルダ全体バックアップ >>>2.設定プログラム起動後、エクスポート機能で設定エクスポート保存 >>>3.設定プログラム終了してアンインストール(インストールフォルダを削除) >>>4.最新のバージョンをインストール >>>5.設定プログラム起動後、保存したエクスポートデータをインポート >>>6.メールメッセージ、SMTPサーバについては適宜設定 >>>7.設定プログラムを終了してサービス起動 >>>以上で終了です。 >>>メールメッセージ、SMTPサーバなどの設定値はエクスポートしないので別途設定してください。 >>>ライセンスに関しては、そのままで大丈夫かと思いますが、もし評価版の設定になってしまった場合には再
度レジストリキーを取得すれば正規版へと変更できます。
>>> >>>よろしくお願いします。
 コメントAccess:922
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.743)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Nakaji2010/02/16 17:18:00 
お手数おかけします。

すいません、確認です。

>今まで、WinQuotaASの起動は、ローカルの管理者権限でログオンして、起動していました。

WinQuotaASはサービスプログラムですから、ログオンする際のユーザで動作していません。
サービスプログラムの起動時アカウントを管理者権限に変更していただければと思うのですが。
それでも同じということでしょうか?


>ご回答ありがとうございます。しかし、うまく行きません。
>本サーバは、ドメインに所属するサーバです。
>今まで、WinQuotaASの起動は、ローカルの管理者権限でログオンして、起動していました。
>試しに、ドメインの管理者権限でログオンして、
>WinQuotaASを起動してみましたが、イベントビューアのアプリケーションログ
>は、状況は変わりませんでした・・・。
>
>>お世話になります。
>>
>>>フォルダ
>>>E:\3D_Data\W1\SS2
>>>にSYSTEMをフルコントロールとして権限付与しても同じメッセージがイベントビューアのアプリケーション
ログに出力されます。
>>>他に、何か対処ありますか? >> >>Systemアカウントにフルコントロールを与えたのであれば、アクセス権限設定でエラーとなることはありませ
ん。
>>このサーバはワークグループサーバでしょうか? >>対象のフォルダの権限がドメインコントローラの権限設定になっている場合、権限設定したSystemアカウント
がローカルアカウントですとやはり権限がないとエラーになる可能性があります。
>>ちなみに、管理者権限でサービス起動した場合はどうなるかお試しいただけるでしょうか? >>サービス起動アカウントとして管理者権限で実行させることにセキュリティ的に特に問題がなければ管理者権
限で実行させるとよいと思います。
>> >> >>> >>>>ご利用ありがとうございます。 >>>> >>>>>User:SYSTEM >>>>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 >>>>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>>SetSecurityControl. >>>>>1788:プライマリドメインと信頼される側のトメインの信頼関係に失敗しました。」 >>>> >>>>このエラーは「E:\3D_Data\W1\SS2」フォルダに対してアクセス権限を変更しようとして権限がないためエ
ラーとなっています。
>>>>サービスプログラムは「system」アカウントで起動されていると思いますが、管理者権限に変更するか「E:
\3D_Data\W1\SS2」のアクセス権限に「system」アカウントでフルコントロールを付与すればエラー出力はなく
なります。
>>>> >>>>> >>>>>また、バージョンアップで解決するとしたら、 >>>>>既存の設定、ライセンス等を保持した状態で、 >>>>>どのように、バージョンアップすれば良いか、 >>>>>その手順を教えて下さい。 >>>> >>>>バージョンアップ手順ですが以下の手順で行ってください。 >>>>1.サービス停止後、念のためインストールフォルダ全体バックアップ >>>>2.設定プログラム起動後、エクスポート機能で設定エクスポート保存 >>>>3.設定プログラム終了してアンインストール(インストールフォルダを削除) >>>>4.最新のバージョンをインストール >>>>5.設定プログラム起動後、保存したエクスポートデータをインポート >>>>6.メールメッセージ、SMTPサーバについては適宜設定 >>>>7.設定プログラムを終了してサービス起動 >>>>以上で終了です。 >>>>メールメッセージ、SMTPサーバなどの設定値はエクスポートしないので別途設定してください。 >>>>ライセンスに関しては、そのままで大丈夫かと思いますが、もし評価版の設定になってしまった場合には再
度レジストリキーを取得すれば正規版へと変更できます。
>>>> >>>>よろしくお願いします。
 コメントAccess:661
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.744)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Neko2010/02/17 10:46:00 
管理ツール→サービスで確認されるWinQuotaASServiceのサービスログオンユーザは、
LocalSystem
となっていました。
また、WinQuotaの管理対象となるフォルダのプロパティ→セキュリティで表示される
先日設定したSYSTEM
の権限は、設定した通りフルコントロールとなっています。

>ご回答ありがとうございます。しかし、うまく行きません。
>本サーバは、ドメインに所属するサーバです。
>今まで、WinQuotaASの起動は、ローカルの管理者権限でログオンして、起動していました。
>試しに、ドメインの管理者権限でログオンして、
>WinQuotaASを起動してみましたが、イベントビューアのアプリケーションログ
>は、状況は変わりませんでした・・・。
>
>>お世話になります。
>>
>>>フォルダ
>>>E:\3D_Data\W1\SS2
>>>にSYSTEMをフルコントロールとして権限付与しても同じメッセージがイベントビューアのアプリケーション
ログに出力されます。
>>>他に、何か対処ありますか? >> >>Systemアカウントにフルコントロールを与えたのであれば、アクセス権限設定でエラーとなることはありませ
ん。
>>このサーバはワークグループサーバでしょうか? >>対象のフォルダの権限がドメインコントローラの権限設定になっている場合、権限設定したSystemアカウント
がローカルアカウントですとやはり権限がないとエラーになる可能性があります。
>>ちなみに、管理者権限でサービス起動した場合はどうなるかお試しいただけるでしょうか? >>サービス起動アカウントとして管理者権限で実行させることにセキュリティ的に特に問題がなければ管理者権
限で実行させるとよいと思います。
>> >> >>> >>>>ご利用ありがとうございます。 >>>> >>>>>User:SYSTEM >>>>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 >>>>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>>SetSecurityControl. >>>>>1788:プライマリドメインと信頼される側のトメインの信頼関係に失敗しました。」 >>>> >>>>このエラーは「E:\3D_Data\W1\SS2」フォルダに対してアクセス権限を変更しようとして権限がないためエ
ラーとなっています。
>>>>サービスプログラムは「system」アカウントで起動されていると思いますが、管理者権限に変更するか「E:
\3D_Data\W1\SS2」のアクセス権限に「system」アカウントでフルコントロールを付与すればエラー出力はなく
なります。
>>>> >>>>> >>>>>また、バージョンアップで解決するとしたら、 >>>>>既存の設定、ライセンス等を保持した状態で、 >>>>>どのように、バージョンアップすれば良いか、 >>>>>その手順を教えて下さい。 >>>> >>>>バージョンアップ手順ですが以下の手順で行ってください。 >>>>1.サービス停止後、念のためインストールフォルダ全体バックアップ >>>>2.設定プログラム起動後、エクスポート機能で設定エクスポート保存 >>>>3.設定プログラム終了してアンインストール(インストールフォルダを削除) >>>>4.最新のバージョンをインストール >>>>5.設定プログラム起動後、保存したエクスポートデータをインポート >>>>6.メールメッセージ、SMTPサーバについては適宜設定 >>>>7.設定プログラムを終了してサービス起動 >>>>以上で終了です。 >>>>メールメッセージ、SMTPサーバなどの設定値はエクスポートしないので別途設定してください。 >>>>ライセンスに関しては、そのままで大丈夫かと思いますが、もし評価版の設定になってしまった場合には再
度レジストリキーを取得すれば正規版へと変更できます。
>>>> >>>>よろしくお願いします。
 コメントAccess:666
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.745)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Nakaji2010/02/17 11:00:00 
たびたびすいませんです。

この

>管理ツール→サービスで確認されるWinQuotaASServiceのサービスログオンユーザは、
>LocalSystem
>となっていました。

「LocalSystem」を管理者ユーザに設定するとどうなるかお試しいただけますでしょうか?
管理者権限で起動させれば少なくとも権限設定エラーは表示されないはずです。
どうしても「LocalSystem」権限で起動させたい場合は、対象フォルダに「LocalSystem」フルコントロールを付
与しますが、現象が変わらないということは付与の仕方に誤りがあると考えられます。
対象フォルダの「LocalSystem」フルコントロールは、対象フォルダ以下のすべてのフォルダ、ファイルを対象
にする必要があります。
すいませんが、もうしばらくおつきあいください。 >管理ツール→サービスで確認されるWinQuotaASServiceのサービスログオンユーザは、 >LocalSystem >となっていました。 >また、WinQuotaの管理対象となるフォルダのプロパティ→セキュリティで表示される >先日設定したSYSTEM >の権限は、設定した通りフルコントロールとなっています。 > >>ご回答ありがとうございます。しかし、うまく行きません。 >>本サーバは、ドメインに所属するサーバです。 >>今まで、WinQuotaASの起動は、ローカルの管理者権限でログオンして、起動していました。 >>試しに、ドメインの管理者権限でログオンして、 >>WinQuotaASを起動してみましたが、イベントビューアのアプリケーションログ >>は、状況は変わりませんでした・・・。 >> >>>お世話になります。 >>> >>>>フォルダ >>>>E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>にSYSTEMをフルコントロールとして権限付与しても同じメッセージがイベントビューアのアプリケーション
ログに出力されます。
>>>>他に、何か対処ありますか? >>> >>>Systemアカウントにフルコントロールを与えたのであれば、アクセス権限設定でエラーとなることはありま
せん。
>>>このサーバはワークグループサーバでしょうか? >>>対象のフォルダの権限がドメインコントローラの権限設定になっている場合、権限設定したSystemアカウン
トがローカルアカウントですとやはり権限がないとエラーになる可能性があります。
>>>ちなみに、管理者権限でサービス起動した場合はどうなるかお試しいただけるでしょうか? >>>サービス起動アカウントとして管理者権限で実行させることにセキュリティ的に特に問題がなければ管理者
権限で実行させるとよいと思います。
>>> >>> >>>> >>>>>ご利用ありがとうございます。 >>>>> >>>>>>User:SYSTEM >>>>>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 >>>>>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>>>SetSecurityControl. >>>>>>1788:プライマリドメインと信頼される側のトメインの信頼関係に失敗しました。」 >>>>> >>>>>このエラーは「E:\3D_Data\W1\SS2」フォルダに対してアクセス権限を変更しようとして権限がないためエ
ラーとなっています。
>>>>>サービスプログラムは「system」アカウントで起動されていると思いますが、管理者権限に変更するか「E
:\3D_Data\W1\SS2」のアクセス権限に「system」アカウントでフルコントロールを付与すればエラー出力はなく
なります。
>>>>> >>>>>> >>>>>>また、バージョンアップで解決するとしたら、 >>>>>>既存の設定、ライセンス等を保持した状態で、 >>>>>>どのように、バージョンアップすれば良いか、 >>>>>>その手順を教えて下さい。 >>>>> >>>>>バージョンアップ手順ですが以下の手順で行ってください。 >>>>>1.サービス停止後、念のためインストールフォルダ全体バックアップ >>>>>2.設定プログラム起動後、エクスポート機能で設定エクスポート保存 >>>>>3.設定プログラム終了してアンインストール(インストールフォルダを削除) >>>>>4.最新のバージョンをインストール >>>>>5.設定プログラム起動後、保存したエクスポートデータをインポート >>>>>6.メールメッセージ、SMTPサーバについては適宜設定 >>>>>7.設定プログラムを終了してサービス起動 >>>>>以上で終了です。 >>>>>メールメッセージ、SMTPサーバなどの設定値はエクスポートしないので別途設定してください。 >>>>>ライセンスに関しては、そのままで大丈夫かと思いますが、もし評価版の設定になってしまった場合には
再度レジストリキーを取得すれば正規版へと変更できます。
>>>>> >>>>>よろしくお願いします。
 コメントAccess:675
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.746)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Neko2010/02/18 13:11:00 
お世話になっております。
「LocalSystem」を管理者ユーザに設定するというのは、他の業務にどう影響があるか不安で実施しできません
でしたが、
WinQuotaASServiceのサービスユーザを、そのサーバの管理者権限のidに変えてみました。 でも、結果は、変わりありませんでした。 >たびたびすいませんです。 > >この > >>管理ツール→サービスで確認されるWinQuotaASServiceのサービスログオンユーザは、 >>LocalSystem >>となっていました。 > >「LocalSystem」を管理者ユーザに設定するとどうなるかお試しいただけますでしょうか? >管理者権限で起動させれば少なくとも権限設定エラーは表示されないはずです。 >どうしても「LocalSystem」権限で起動させたい場合は、対象フォルダに「LocalSystem」フルコントロールを
付与しますが、現象が変わらないということは付与の仕方に誤りがあると考えられます。
>対象フォルダの「LocalSystem」フルコントロールは、対象フォルダ以下のすべてのフォルダ、ファイルを対象
にする必要があります。
> >すいませんが、もうしばらくおつきあいください。 > >>管理ツール→サービスで確認されるWinQuotaASServiceのサービスログオンユーザは、 >>LocalSystem >>となっていました。 >>また、WinQuotaの管理対象となるフォルダのプロパティ→セキュリティで表示される >>先日設定したSYSTEM >>の権限は、設定した通りフルコントロールとなっています。 >> >>>ご回答ありがとうございます。しかし、うまく行きません。 >>>本サーバは、ドメインに所属するサーバです。 >>>今まで、WinQuotaASの起動は、ローカルの管理者権限でログオンして、起動していました。 >>>試しに、ドメインの管理者権限でログオンして、 >>>WinQuotaASを起動してみましたが、イベントビューアのアプリケーションログ >>>は、状況は変わりませんでした・・・。 >>> >>>>お世話になります。 >>>> >>>>>フォルダ >>>>>E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>>にSYSTEMをフルコントロールとして権限付与しても同じメッセージがイベントビューアのアプリケーショ
ンログに出力されます。
>>>>>他に、何か対処ありますか? >>>> >>>>Systemアカウントにフルコントロールを与えたのであれば、アクセス権限設定でエラーとなることはありま
せん。
>>>>このサーバはワークグループサーバでしょうか? >>>>対象のフォルダの権限がドメインコントローラの権限設定になっている場合、権限設定したSystemアカウン
トがローカルアカウントですとやはり権限がないとエラーになる可能性があります。
>>>>ちなみに、管理者権限でサービス起動した場合はどうなるかお試しいただけるでしょうか? >>>>サービス起動アカウントとして管理者権限で実行させることにセキュリティ的に特に問題がなければ管理者
権限で実行させるとよいと思います。
>>>> >>>> >>>>> >>>>>>ご利用ありがとうございます。 >>>>>> >>>>>>>User:SYSTEM >>>>>>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 >>>>>>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>>>>設定フォルダ:E:\3D_Data\W1\SS2 >>>>>>>SetSecurityControl. >>>>>>>1788:プライマリドメインと信頼される側のトメインの信頼関係に失敗しました。」 >>>>>> >>>>>>このエラーは「E:\3D_Data\W1\SS2」フォルダに対してアクセス権限を変更しようとして権限がないため
エラーとなっています。
>>>>>>サービスプログラムは「system」アカウントで起動されていると思いますが、管理者権限に変更するか「
E:\3D_Data\W1\SS2」のアクセス権限に「system」アカウントでフルコントロールを付与すればエラー出力はな
くなります。
>>>>>> >>>>>>> >>>>>>>また、バージョンアップで解決するとしたら、 >>>>>>>既存の設定、ライセンス等を保持した状態で、 >>>>>>>どのように、バージョンアップすれば良いか、 >>>>>>>その手順を教えて下さい。 >>>>>> >>>>>>バージョンアップ手順ですが以下の手順で行ってください。 >>>>>>1.サービス停止後、念のためインストールフォルダ全体バックアップ >>>>>>2.設定プログラム起動後、エクスポート機能で設定エクスポート保存 >>>>>>3.設定プログラム終了してアンインストール(インストールフォルダを削除) >>>>>>4.最新のバージョンをインストール >>>>>>5.設定プログラム起動後、保存したエクスポートデータをインポート >>>>>>6.メールメッセージ、SMTPサーバについては適宜設定 >>>>>>7.設定プログラムを終了してサービス起動 >>>>>>以上で終了です。 >>>>>>メールメッセージ、SMTPサーバなどの設定値はエクスポートしないので別途設定してください。 >>>>>>ライセンスに関しては、そのままで大丈夫かと思いますが、もし評価版の設定になってしまった場合には
再度レジストリキーを取得すれば正規版へと変更できます。
>>>>>> >>>>>>よろしくお願いします。
 コメントAccess:649
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.747)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Nakaji2010/02/18 15:16:00 
お世話になります。

>「LocalSystem」を管理者ユーザに設定するというのは、他の業務にどう影響があるか不安で実施しできません
でしたが、
>WinQuotaASServiceのサービスユーザを、そのサーバの管理者権限のidに変えてみました。 >でも、結果は、変わりありませんでした。 その際、イベントビューワで表示されているUSERは何が表示されていますか? 「LocalSystem」の際は >>>User:SYSTEM >>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 となっていたと思います。 上記の1行目のUserは何が表示されていますでしょうか? それと、該当サーバはあるドメインに所属しているサーバとのことですから、ローカル管理者とドメイン管理者
の両方存在していると思います。
フォルダのアクセス権限も両管理者ともフルコントロールになっていますでしょうか? WinQuotaASのアクセス権限設定は手動でアクセス権限を設定するのと同じ動作です。 ローカル管理者権限でログオンし、エクスプローラで該当フォルダを選択、プロパティのセキュリティタブでア
クセス権限をいじった際に同じエラーが表示されるのであればWinQuotaASでも同じエラーが表示されます。
あと、もう一つ単純なことを思い出しました。 WinQuotaASで設定している該当フォルダの該当ユーザが、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在しない
とエラーとなる可能性があるかもしれません。
アクセス制限しようとする際に、該当フォルダに対してそのユーザの書込権限を削除しようとするので、該当フ
ォルダのアクセス設定ユーザ一覧にそのユーザがある必要があります。
今一度ご確認お願いいたします。
 コメントAccess:712
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.748)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Neko2010/02/19 16:45:00 
サービスを管理者権限のユーザAdministratorに変えたときのサービスでのid表示は、
.\Administrator
と表示されています。
そのときのイベントビューアでの警告で表示されるユーザは、
USER:Administrator
と表示されます。
「LocalSystem」の際は、
USER:SYSTEM
とイベントビューアに表示されるのは、お知らせした通りです。
>お世話になります。
>
>>「LocalSystem」を管理者ユーザに設定するというのは、他の業務にどう影響があるか不安で実施しできませ
んでしたが、
>>WinQuotaASServiceのサービスユーザを、そのサーバの管理者権限のidに変えてみました。 >>でも、結果は、変わりありませんでした。 > >その際、イベントビューワで表示されているUSERは何が表示されていますか? >「LocalSystem」の際は > >>>>User:SYSTEM >>>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 > >となっていたと思います。 >上記の1行目のUserは何が表示されていますでしょうか? > >それと、該当サーバはあるドメインに所属しているサーバとのことですから、ローカル管理者とドメイン管理
者の両方存在していると思います。
>フォルダのアクセス権限も両管理者ともフルコントロールになっていますでしょうか? > >WinQuotaASのアクセス権限設定は手動でアクセス権限を設定するのと同じ動作です。 >ローカル管理者権限でログオンし、エクスプローラで該当フォルダを選択、プロパティのセキュリティタブで
アクセス権限をいじった際に同じエラーが表示されるのであればWinQuotaASでも同じエラーが表示されます。
> >あと、もう一つ単純なことを思い出しました。 >WinQuotaASで設定している該当フォルダの該当ユーザが、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在しな
いとエラーとなる可能性があるかもしれません。
>アクセス制限しようとする際に、該当フォルダに対してそのユーザの書込権限を削除しようとするので、該当
フォルダのアクセス設定ユーザ一覧にそのユーザがある必要があります。
> >今一度ご確認お願いいたします。 >
 コメントAccess:665
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.749)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Nakaji2010/02/19 18:32:00 
お世話になります。

なるほど、サービスの起動アカウントは正常に変更され起動も正常にしていると思われます。

あと、

>>あと、もう一つ単純なことを思い出しました。
>>WinQuotaASで設定している該当フォルダの該当ユーザが、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在しな
いとエラーとなる可能性があるかもしれません。
こちらのほうはどうでしょうか? 設定ユーザがフォルダのアクセス権一覧にないとエラーとなる可能性があります。 よろしくお願いします。 >サービスを管理者権限のユーザAdministratorに変えたときのサービスでのid表示は、 >.\Administrator >と表示されています。 >そのときのイベントビューアでの警告で表示されるユーザは、 >USER:Administrator >と表示されます。 >「LocalSystem」の際は、 >USER:SYSTEM >とイベントビューアに表示されるのは、お知らせした通りです。 >>お世話になります。 >> >>>「LocalSystem」を管理者ユーザに設定するというのは、他の業務にどう影響があるか不安で実施しできませ
んでしたが、
>>>WinQuotaASServiceのサービスユーザを、そのサーバの管理者権限のidに変えてみました。 >>>でも、結果は、変わりありませんでした。 >> >>その際、イベントビューワで表示されているUSERは何が表示されていますか? >>「LocalSystem」の際は >> >>>>>User:SYSTEM >>>>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 >> >>となっていたと思います。 >>上記の1行目のUserは何が表示されていますでしょうか? >> >>それと、該当サーバはあるドメインに所属しているサーバとのことですから、ローカル管理者とドメイン管理
者の両方存在していると思います。
>>フォルダのアクセス権限も両管理者ともフルコントロールになっていますでしょうか? >> >>WinQuotaASのアクセス権限設定は手動でアクセス権限を設定するのと同じ動作です。 >>ローカル管理者権限でログオンし、エクスプローラで該当フォルダを選択、プロパティのセキュリティタブで
アクセス権限をいじった際に同じエラーが表示されるのであればWinQuotaASでも同じエラーが表示されます。
>> >>あと、もう一つ単純なことを思い出しました。 >>WinQuotaASで設定している該当フォルダの該当ユーザが、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在しな
いとエラーとなる可能性があるかもしれません。
>>アクセス制限しようとする際に、該当フォルダに対してそのユーザの書込権限を削除しようとするので、該当
フォルダのアクセス設定ユーザ一覧にそのユーザがある必要があります。
>> >>今一度ご確認お願いいたします。 >>
 コメントAccess:725
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.750)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Neko2010/02/22 7:55:00 
お世話になっております。何回もすいません。
フォルダの該当ユーザは、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在しています。

>お世話になります。
>
>なるほど、サービスの起動アカウントは正常に変更され起動も正常にしていると思われます。
>
>あと、
>
>>>あと、もう一つ単純なことを思い出しました。
>>>WinQuotaASで設定している該当フォルダの該当ユーザが、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在し
ないとエラーとなる可能性があるかもしれません。
> >こちらのほうはどうでしょうか? >設定ユーザがフォルダのアクセス権一覧にないとエラーとなる可能性があります。 > >よろしくお願いします。 > > >>サービスを管理者権限のユーザAdministratorに変えたときのサービスでのid表示は、 >>.\Administrator >>と表示されています。 >>そのときのイベントビューアでの警告で表示されるユーザは、 >>USER:Administrator >>と表示されます。 >>「LocalSystem」の際は、 >>USER:SYSTEM >>とイベントビューアに表示されるのは、お知らせした通りです。 >>>お世話になります。 >>> >>>>「LocalSystem」を管理者ユーザに設定するというのは、他の業務にどう影響があるか不安で実施しできま
せんでしたが、
>>>>WinQuotaASServiceのサービスユーザを、そのサーバの管理者権限のidに変えてみました。 >>>>でも、結果は、変わりありませんでした。 >>> >>>その際、イベントビューワで表示されているUSERは何が表示されていますか? >>>「LocalSystem」の際は >>> >>>>>>User:SYSTEM >>>>>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 >>> >>>となっていたと思います。 >>>上記の1行目のUserは何が表示されていますでしょうか? >>> >>>それと、該当サーバはあるドメインに所属しているサーバとのことですから、ローカル管理者とドメイン管
理者の両方存在していると思います。
>>>フォルダのアクセス権限も両管理者ともフルコントロールになっていますでしょうか? >>> >>>WinQuotaASのアクセス権限設定は手動でアクセス権限を設定するのと同じ動作です。 >>>ローカル管理者権限でログオンし、エクスプローラで該当フォルダを選択、プロパティのセキュリティタブ
でアクセス権限をいじった際に同じエラーが表示されるのであればWinQuotaASでも同じエラーが表示されます。
>>> >>>あと、もう一つ単純なことを思い出しました。 >>>WinQuotaASで設定している該当フォルダの該当ユーザが、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在し
ないとエラーとなる可能性があるかもしれません。
>>>アクセス制限しようとする際に、該当フォルダに対してそのユーザの書込権限を削除しようとするので、該
当フォルダのアクセス設定ユーザ一覧にそのユーザがある必要があります。
>>> >>>今一度ご確認お願いいたします。 >>>
 コメントAccess:686
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.751)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Nakaji2010/02/22 11:26:00 
そうですか。
そうなると、ちょっと行き詰まってしまいました。

それでは、手動で行う場合はどうでしょうか?
手動でというのは、管理者権限でログインし、エクスプローラで該当フォルダを選択、プロパティを開きます。
セキュリティタブを開き、該当ユーザの書込権限を操作したときにエラー出力されず設定できるでしょうか?
書込権限にチェックがすでにされている場合にはチェックをはずし「適用」ボタンを押す、チェックがはずれて
いる場合には、チェックをし「適用」ボタンを押すです。
これと同じことをWinQuotaASサービスが行っています。 WinQuotaASサービスでエラーが起こるということは同じように手動で行った場合も同様なエラーが表示されるは
ずです。
ちなみに、エラーの内容を調べました。 Googleで「1788: プライマリ ドメインと信頼される側のドメインとの信頼関係に失敗しました。」で検索する
とMicrosoftのサポート情報が検索できます。
こちらも参照ください。 よろしくお願いします。 >お世話になっております。何回もすいません。 >フォルダの該当ユーザは、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在しています。 > >>お世話になります。 >> >>なるほど、サービスの起動アカウントは正常に変更され起動も正常にしていると思われます。 >> >>あと、 >> >>>>あと、もう一つ単純なことを思い出しました。 >>>>WinQuotaASで設定している該当フォルダの該当ユーザが、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在し
ないとエラーとなる可能性があるかもしれません。
>> >>こちらのほうはどうでしょうか? >>設定ユーザがフォルダのアクセス権一覧にないとエラーとなる可能性があります。 >> >>よろしくお願いします。 >> >> >>>サービスを管理者権限のユーザAdministratorに変えたときのサービスでのid表示は、 >>>.\Administrator >>>と表示されています。 >>>そのときのイベントビューアでの警告で表示されるユーザは、 >>>USER:Administrator >>>と表示されます。 >>>「LocalSystem」の際は、 >>>USER:SYSTEM >>>とイベントビューアに表示されるのは、お知らせした通りです。 >>>>お世話になります。 >>>> >>>>>「LocalSystem」を管理者ユーザに設定するというのは、他の業務にどう影響があるか不安で実施しできま
せんでしたが、
>>>>>WinQuotaASServiceのサービスユーザを、そのサーバの管理者権限のidに変えてみました。 >>>>>でも、結果は、変わりありませんでした。 >>>> >>>>その際、イベントビューワで表示されているUSERは何が表示されていますか? >>>>「LocalSystem」の際は >>>> >>>>>>>User:SYSTEM >>>>>>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 >>>> >>>>となっていたと思います。 >>>>上記の1行目のUserは何が表示されていますでしょうか? >>>> >>>>それと、該当サーバはあるドメインに所属しているサーバとのことですから、ローカル管理者とドメイン管
理者の両方存在していると思います。
>>>>フォルダのアクセス権限も両管理者ともフルコントロールになっていますでしょうか? >>>> >>>>WinQuotaASのアクセス権限設定は手動でアクセス権限を設定するのと同じ動作です。 >>>>ローカル管理者権限でログオンし、エクスプローラで該当フォルダを選択、プロパティのセキュリティタブ
でアクセス権限をいじった際に同じエラーが表示されるのであればWinQuotaASでも同じエラーが表示されます。
>>>> >>>>あと、もう一つ単純なことを思い出しました。 >>>>WinQuotaASで設定している該当フォルダの該当ユーザが、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在し
ないとエラーとなる可能性があるかもしれません。
>>>>アクセス制限しようとする際に、該当フォルダに対してそのユーザの書込権限を削除しようとするので、該
当フォルダのアクセス設定ユーザ一覧にそのユーザがある必要があります。
>>>> >>>>今一度ご確認お願いいたします。 >>>>
 コメントAccess:1272
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.753)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Neko2010/02/26 15:51:00 
手動で行おうとして、気づいたのですが、フォルダの権限設定は、総て
個別に行わなければならなかったのでしょうか。

該当フォルダについて、
プロパティ→セキュリティの権限設定で、
「継承可能なアクセス許可を親からこのオブジェクトに継承できるようにする」の
チェックボックにチェックが付与された状態で、上位フォルダの権限依存でフォルダ権限が
付与されています。ただし、部分的にそのフォルダでユーザ権限付与されているユーザもありますが。

この設定が、まずかったでしょうか。


>そうですか。
>そうなると、ちょっと行き詰まってしまいました。
>
>それでは、手動で行う場合はどうでしょうか?
>手動でというのは、管理者権限でログインし、エクスプローラで該当フォルダを選択、プロパティを開きます
>セキュリティタブを開き、該当ユーザの書込権限を操作したときにエラー出力されず設定できるでしょうか? >書込権限にチェックがすでにされている場合にはチェックをはずし「適用」ボタンを押す、チェックがはずれ
ている場合には、チェックをし「適用」ボタンを押すです。
>これと同じことをWinQuotaASサービスが行っています。 >WinQuotaASサービスでエラーが起こるということは同じように手動で行った場合も同様なエラーが表示される
はずです。
> >ちなみに、エラーの内容を調べました。 >Googleで「1788: プライマリ ドメインと信頼される側のドメインとの信頼関係に失敗しました。」で検索する
とMicrosoftのサポート情報が検索できます。
>こちらも参照ください。 > >よろしくお願いします。 > >>お世話になっております。何回もすいません。 >>フォルダの該当ユーザは、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在しています。 >> >>>お世話になります。 >>> >>>なるほど、サービスの起動アカウントは正常に変更され起動も正常にしていると思われます。 >>> >>>あと、 >>> >>>>>あと、もう一つ単純なことを思い出しました。 >>>>>WinQuotaASで設定している該当フォルダの該当ユーザが、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在
しないとエラーとなる可能性があるかもしれません。
>>> >>>こちらのほうはどうでしょうか? >>>設定ユーザがフォルダのアクセス権一覧にないとエラーとなる可能性があります。 >>> >>>よろしくお願いします。 >>> >>> >>>>サービスを管理者権限のユーザAdministratorに変えたときのサービスでのid表示は、 >>>>.\Administrator >>>>と表示されています。 >>>>そのときのイベントビューアでの警告で表示されるユーザは、 >>>>USER:Administrator >>>>と表示されます。 >>>>「LocalSystem」の際は、 >>>>USER:SYSTEM >>>>とイベントビューアに表示されるのは、お知らせした通りです。 >>>>>お世話になります。 >>>>> >>>>>>「LocalSystem」を管理者ユーザに設定するというのは、他の業務にどう影響があるか不安で実施しでき
ませんでしたが、
>>>>>>WinQuotaASServiceのサービスユーザを、そのサーバの管理者権限のidに変えてみました。 >>>>>>でも、結果は、変わりありませんでした。 >>>>> >>>>>その際、イベントビューワで表示されているUSERは何が表示されていますか? >>>>>「LocalSystem」の際は >>>>> >>>>>>>>User:SYSTEM >>>>>>>>アクセス権限の設定に失敗しました。指定フォルダがローカルディスク上かどうか確認して下さい。 >>>>> >>>>>となっていたと思います。 >>>>>上記の1行目のUserは何が表示されていますでしょうか? >>>>> >>>>>それと、該当サーバはあるドメインに所属しているサーバとのことですから、ローカル管理者とドメイン
管理者の両方存在していると思います。
>>>>>フォルダのアクセス権限も両管理者ともフルコントロールになっていますでしょうか? >>>>> >>>>>WinQuotaASのアクセス権限設定は手動でアクセス権限を設定するのと同じ動作です。 >>>>>ローカル管理者権限でログオンし、エクスプローラで該当フォルダを選択、プロパティのセキュリティタ
ブでアクセス権限をいじった際に同じエラーが表示されるのであればWinQuotaASでも同じエラーが表示されます
>>>>> >>>>>あと、もう一つ単純なことを思い出しました。 >>>>>WinQuotaASで設定している該当フォルダの該当ユーザが、該当フォルダのアクセス権限ユーザ一覧に存在
しないとエラーとなる可能性があるかもしれません。
>>>>>アクセス制限しようとする際に、該当フォルダに対してそのユーザの書込権限を削除しようとするので、
該当フォルダのアクセス設定ユーザ一覧にそのユーザがある必要があります。
>>>>> >>>>>今一度ご確認お願いいたします。 >>>>>
 コメントAccess:1655
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.754)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Nakaji2010/02/26 17:02:00 
お手数おかけしております。

>手動で行おうとして、気づいたのですが、フォルダの権限設定は、総て
>個別に行わなければならなかったのでしょうか。
>
>該当フォルダについて、
>プロパティ→セキュリティの権限設定で、
>「継承可能なアクセス許可を親からこのオブジェクトに継承できるようにする」の
>チェックボックにチェックが付与された状態で、上位フォルダの権限依存でフォルダ権限が
>付与されています。ただし、部分的にそのフォルダでユーザ権限付与されているユーザもありますが。
>
>この設定が、まずかったでしょうか。

権限設定は、設定フォルダに対してのみ、継承可能な許可を与えれば大丈夫です。

手動でお試しいただきたいのは、そのフォルダに対しての該当ユーザの書込権限を削除(あるいは追加)が可能
かどうかでです。
よろしくお願いします。
 コメントAccess:697
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.755)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Neko2010/03/01 14:06:00 
今、Quataのサービスは、Administratorで、稼動していますが、
Administratorでログオして、該当フォルダの手動権限変更は、問題なくできます。
イベントビューアの方も、手動変更操作の直後、何も出ないようです。

>お手数おかけしております。
>
>>手動で行おうとして、気づいたのですが、フォルダの権限設定は、総て
>>個別に行わなければならなかったのでしょうか。
>>
>>該当フォルダについて、
>>プロパティ→セキュリティの権限設定で、
>>「継承可能なアクセス許可を親からこのオブジェクトに継承できるようにする」の
>>チェックボックにチェックが付与された状態で、上位フォルダの権限依存でフォルダ権限が
>>付与されています。ただし、部分的にそのフォルダでユーザ権限付与されているユーザもありますが。
>>
>>この設定が、まずかったでしょうか。
>
>権限設定は、設定フォルダに対してのみ、継承可能な許可を与えれば大丈夫です。
>
>手動でお試しいただきたいのは、そのフォルダに対しての該当ユーザの書込権限を削除(あるいは追加)が可
能かどうかでです。
> >よろしくお願いします。
 コメントAccess:739
 
Re:イベントビューアログ満杯 (No.756)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  Nakaji2010/03/01 15:08:00 
手動で行うと何も問題なく権限設定が行えるということはWinQuotaASでもエラーなく行えるはずです。

それでは何度も申し訳ありませんが、状況をお知らせしていただいてよいでしょうか?
WinQuotaASで権限設定を行う状況は2つの状況が考えられます。
※フォルダ、ユーザ設定で書込制限を行うにチェックした場合です。
1.該当フォルダの容量が最大容量を超えたときに該当ユーザの書込権限を削除
2.該当フォルダの容量が最大容量を下回ったときに該当ユーザの書込権限を付与

お客様の状況はどちらの状況になりますでしょうか?
つまり、現状で該当フォルダは最大容量を超えているの
でしょうか?
それとも、最大容量は超えていなく、該当ユーザの書込権限設定がないのでしょうか?
WinQuotaASが権限設定を行おうとしているのであれば、上記2つのうちのどちらかになるかと思います。

よろしくお願いします。

>今、Quataのサービスは、Administratorで、稼動していますが、
>Administratorでログオして、該当フォルダの手動権限変更は、問題なくできます。
>イベントビューアの方も、手動変更操作の直後、何も出ないようです。
>
>>お手数おかけしております。
>>
>>>手動で行おうとして、気づいたのですが、フォルダの権限設定は、総て
>>>個別に行わなければならなかったのでしょうか。
>>>
>>>該当フォルダについて、
>>>プロパティ→セキュリティの権限設定で、
>>>「継承可能なアクセス許可を親からこのオブジェクトに継承できるようにする」の
>>>チェックボックにチェックが付与された状態で、上位フォルダの権限依存でフォルダ権限が
>>>付与されています。ただし、部分的にそのフォルダでユーザ権限付与されているユーザもありますが。
>>>
>>>この設定が、まずかったでしょうか。
>>
>>権限設定は、設定フォルダに対してのみ、継承可能な許可を与えれば大丈夫です。
>>
>>手動でお試しいただきたいのは、そのフォルダに対しての該当ユーザの書込権限を削除(あるいは追加)が可
能かどうかでです。
>> >>よろしくお願いします。
 コメントAccess:637
 
削除 (No.844)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  -2012/02/17 12:13:00 
 
削除 (No.867)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  -2012/08/19 6:23:00 
 
削除 (No.864)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  -2012/05/07 17:57:00 
 
削除 (No.866)● WinQuota/WinQuotaAS/LinQuotaAS FAQ ●
  -2012/08/02 2:27:00